姉妹が飼っている愛猫たちの闘病日記です。


by MikanLamune
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
3/23に「ワクチン接種性線維肉腫」について書きました。
今日は「IMHA 免疫介在生溶血性貧血」について、ちょっと書いておこうと思います。
この病気は、3-8才の中年動物に発生することが多く、赤血球膜が障害されて貧血を起こしてしまう疾患だそうです。(リサ・ステッグマイヤーさんの愛犬がこの病気の疑いがあるそうで、調べていてご本人のBlogに行き着きました。)
何故、この病気について調べたかと言うと、うちのわんズが打ったワクチン「デュラミューン5」の副作用情報を見ていたら「ワクチンが誘引となるIMHAについては、犬や人で文献的に知られているが、その裏付けは不足している。IMHAは他の免疫介在性疾患、腫瘍、血液疾患等において二次的に認められる場合も…」という報告を発見したからです。
もちろんリサさんのワンコはワクチン誘発性のものではないと思いますが、この病気自体があまり知られていないようなので(と言うか、私も知りませんでした)ちょっと触れておこうと思いました。
先天性(?)のものと、ワクチンによるものとあるようなので要注意ですね。

うちのわんズは今の所、ワクチンによるアレルギーを起こした事はありません。
でも、毎年接種を実施していないからかも知れません。
ワクチンの接種回数に関しては「チョい悪101☆ドンとこい迷い猫」さんのBlogに「交代価検査」について載っていますので、参考になさって下さい。
で、話しは元に戻りますが、この「デュラミューン5」というワクチン、実に多くの副作用報告があります。
特にダックス飼いで、このワクチン接種後に大切な愛犬の顔が無残に腫れあがり大変な目に合った方のBlogを見つけるのは容易です。
シェアが広いのかも知れませんが、副作用について何の説明もされないまま接種に至った飼い主さんが沢山居ます。
どうして獣医さんは、こんな大事な事を事前に説明してくれないのでしょうか。
4月は「狂犬病予防接種」の期間でもあり、うちにもお知らせのハガキが市から来ていました。
本当は「狂犬病予防接種」なんか受けさせたくないのですが、義務なので仕方ありません。
いつも近所の公園で市が行うので、良い季節でもあり母親の散歩がてらに2頭を連れて行くのが毎年恒例でした。
もちろん、今年もその予定でした。
……。
…………。
危うく、うちのわんズを危険に晒す失態をする所でした!
「デュラミューン5」(他のも同じかもですが)は、デュラミューン5(共立製薬㈱・ワクチン)では、本剤接種後他のワクチンを投与する場合には、4週間以上の間隔をあけること
と但し書きが記載されているようです。
この記事を発見していなければ、うっかり行く所でした。
「狂犬病予防接種」は、5月に入ったら、近所の動物病院で受けようと思います。
責める気はないけれど、一言アドバイス欲しかったな、O動物病院さん。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-04-08 21:55 |

何がなんだか…。

トーショーがお詫び&お願い文をHPにて掲載しています。
輸入猫用缶詰「 PLUS LOVEいつものまぐろカツオ+シラス」についての重大なお知らせです。
通常の濃度を超えるヒスタミンを含んだ原料が混入しているものがあることが判明致したそうです!
http://www.tosho.com/modules/tinycontent/index.php?id=9

※ヒスタミンとは
ヒスチジンから合成されるアミノ酸の一種。普通は、のどや鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞や好塩基球などに存在するが、外傷や火傷、毒物、薬物、アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化し、細胞から放出される。放出されたヒスタミンは体内各所にあるヒスタミン1型受容体(H1受容体)というたんぱく質と結合し、鼻水、発赤・かゆみ・浮腫(ふしゆ)・痛み・気管支収縮といったアレルギー症状を起こす。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-04-06 00:14 | フード全般

小麦グルテンリコール。

愛犬愛猫の飼い主さんを混乱させたフードリコールが、今度は材料(小麦グルテン)のリコールに発展しました。

「ペットフード リコールから、小麦グルテン リコールへ」
http://news01.net/news/2007/04/20070405153014.php
ニュース提供元:犬 ニュース01 (ゼロワン)

※グルテンとは何?
小麦粉のたんぱく質のこと(小麦粉独自のもの)で、小麦粉に水を加えてこねると弾力性と粘着性を持ったグルテンがつくられます。パンがふくらんだり、めんのコシはグルテンの働きによるものだそうです。このグルテンの量が多く、質の強いものから順に強力粉・中力粉・薄力粉となっています。

フードを選ぶ上で、小麦粉が使われているか否かが何故重要になってくるのか。
一つは今回問題があったような「残留農薬」などの危険な薬物の混入、もう一つは「アレルギー」です。
人間の場合、小麦アレルギーの人の多くのが「小麦グルテン」に反応しているようです。
(三大アレルギー:卵・牛乳・小麦と言われているようです)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-04-05 16:24 | フード全般
ペットフードのリコール問題がおやつにまで拡大しているそうです。

「ペットフード リコールの影響 犬用おやつにも拡大」
http://news01.net/news/2007/04/20070402172634.php

「リコールペットフードからプラスチック原料検出 」
「FDAがペットフードブランド「アイムス」に警告書 発行 」
http://news01.net/news/2007/03/31/
ニュース提供元:犬 ニュース01 (ゼロワン)

こうなってくると何が何だかわからなくなります…(汗)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-04-03 13:36 | フード全般
くり@ムツゴロウです。(笑)
予告どおり、画像を撮りましたので載せます!

■今回はムースタイプとゼリータイプです。
d0110506_229051.jpg


■商品表示。
d0110506_2293321.jpg


■フタを開けてみました。
d0110506_2210716.jpg


■早速お皿に出してみました。美味しそうな雰囲気です。
d0110506_22104824.jpg


■半分に割ってみました。
d0110506_22111676.jpg


□試食の感想
やはりレバーっぽいお味。
お肉(素材)の味で、それ以外の調味料のようなものは感じません。
ゼリータイプの方が濃い感じがしました。(ゼリーのせいかな?)
ムースタイプは本当にふわふわとした感じでとても柔らかく、口に入れ舌で転がすと溶けてなくなっちゃう。(人間用ならお醤油が欲しい←笑)
ゼリータイプは細かくしたお肉(画像の通り)が入っていて、お肉自体も柔らかいです。
うちの2にゃんズは、もの凄い食いっぷりでした。

ラムにゃんの動画はこちら。

「アニモンダ」の商品は「ジャーマンペット」さんのサイトから通販できます。
関東エリアにお住まいで都内に出てこられる方は銀座の「モザイク銀座阪急の4F」にSHOPがありますので、現物が見られます。
沢山種類があって迷ってしまっても、店員さんに相談すると親切に教えてくれますよ!
左メニュー部のロゴにもリンクを貼ってありますので、よかったら見て下さい。(お店の許可とってあります)
お店のでは、賞味期限が短くなってしまったものや、缶に凹みができてしまった商品を一部セール品として売っています。中身に問題は無いのでお得です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-04-02 22:23 | 猫フード

フード難民。

闘病中の動物たちに何を食べさせるか、これは結構重要な事だと思います。
幸いくりの家の子達は好き嫌いなく何でも食べてくれるのでありがたいです。
でも、みーちゃんは違います。
子猫の時から好き嫌いがあって、気に入らないとまったく食べません。
ちびたが甘やかしたせいもあるのか、闘病中の今でもそれは変らないのです。
先日のリコール問題から始まり、フードの安全性を考えた上でフードを選ぶと選択肢は極端に減ります。
手作りフードを食べてくれれば良いですが、みーちゃんに限ってはまったく見向きもしてくれません。(汗)
そこで、くりがネットで調べて良さそうなフードメーカーを探しました。
ドイツのメーカーで「アニモンダ」です。
アニモンダ社は、世界的に有名なストックマイヤー(STOCKMEYER)社の子会社で、人間のために高品質の肉・グルメ・加工食品を製造・販売するドイツでも有数の食品会社だそうです。
更に、ドイツは日本と違い動物のフードにも厳しい規定を設けているのでその信頼性は高いとの事です。
このメーカーのフードは保存料などが入っていないので、何が入ってるのかわからない怪しいフードとは雲泥の差がありそうです。
色々なラインがありますので、気になった方は「アニモンダ」で検索をかけてみてください。販売代理店などのページが出てきます。

さて、肝心のみーちゃんですが。
数種類ある中でムースタイプが比較的お気に召したようで、他のものに比べると食べます。
d0110506_1346452.jpg

これは、口あたりがふわっとしているので硬いフードが嫌いな子や噛む力の弱っている子にはお勧めです。
実際にくりが試食してみました。
味付けの無いレバーのような感じ。口に入れると溶けて難なく飲み込める。
保存料が入ってないせいか、肉など素材の味がしました。
このメーカーには、驚くほど小粒のカリカリもありますので、大きな粒が苦手な猫ちゃんの飼い主さんは、お試しあれ。
今度、中身の写真を撮ってお見せします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-04-02 13:56 | 猫フード

フードの安全性。

くり@仕事中。(今日はヒマです)
仕事が片付いたので、引き続きペットフードについて調べてみました。
そこで気になったのがBHA(ブチルヒドロキシアニソール)などの酸化防止剤です。
ウィキから抜粋します。
「酸化防止剤は製品中の成分の身代わりとなって酸化されることにより酸化を防止する。
食品に含まれる事もあるほか、飼料、ペットフードに添加される。 ペットフードにおいてはBHAとともに含まれる場合もある。 ペットフードについては国内では表示義務が無く添加、含有しているかは不透明である。 原産国がアメリカ産などの場合、海外では原材料全表示が義務づけられており海外のメーカーHPで確認できる。 ヒルズのc/d系などのように国内では表示していないが海外のHPにはBHT、BHAが含まれていることが表記してある。 発ガン性や有害性が高いとされ、避けた方が無難である。」

…またしても驚愕。
今まで、この辺り気にしていませんでした。
やっぱり日本は海外に比べるとペットに関して「遅れてる」と言わざるを得ません。
今度は、フード難民になりそうです。
とりあえず帰りにでもドイツ製のフード見てきます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-03-29 11:41 | フード全般

最近のみーちゃん。

☆病院から帰った翌日はこんな感じで、食欲もあります。
ムービーはこちら

☆今日のみーちゃんはとってもダルそうです。
ムービーはこちら


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-03-28 16:19 | ミカン

中国産は怖い!?

くり@(またしても)仕事中。
21日の手術以降、みーちゃんの調子があまり良くないです。
ちびたは毎日のように病院へみーちゃんを連れて行っています。
ちびたからの報告&情報が少ないので、先日のニュースになったペットフードについて続報(と言っても4日遅れですが)について書こうと思います。

偏見と言われてしまいそうですが、やっぱり「中国産」と聞くと信用ならないと思ってしまうのは私だけでは無いはず。
そういえば、バーバリー(?)だったかが工場を中国に移そうとして思いっきりブーイングが起きていたような…。

「ペットフードから猫いらず=大回収で飼い主はパニック-米」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000028-jij-int

「米国ではネズミ駆除用としては認可されておらず」とかなってますが、そもそも中国の人は自分たちの食の安全にも無頓着なイメージあります。
以前、何かの番組で「汚染された水」で生活してる中国の農村が報道されていました。
汚染されて身体に良くないと知りながらも飲んでしまう(選択肢が無い?)のが、驚きです。
人間でもそうなので、ペットのフードなんか何とも思ってないのかもしれないですよねぇ。
そういえば、中国産の冷食の枝豆のなんか問題起きていたような…。(汗)

「中国で「ニセモノの塩」が氾濫
長期間摂取で中毒 懸念される健康被害に打つ手なし」(こっちは人間に関わるもの)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070322/121473/?P=1

ネットを見た限りでは愛犬家、愛猫家の方々がペットフードメーカーに原料の確認の問い合わせを相次いでしている見たいです。
TVではあまり大きく報道された記憶はありませんけれど、もうちょっとTVでも取り上げて欲しいです。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-03-27 15:56 | フード全般
くり@仕事中です。(サボってるわけではありません)
みーちゃんの病気と向き合ってから、色々と調べたり聞いたりして知らなかった事がたくさん見えてきました。
私は今まで、愛猫愛犬の為にワクチンを打っていれば良いと安易に考えていました。
みーちゃんに腫瘍が出来た事で、腫瘍について調べるうち気になる文章をあちこちで見かけたのです。
それは「ワクチン接種性線維肉腫」。
猫用ワクチンの副作用として問題になっているのですね。
ワクチン名で見かけたのが「フェロバックス3、フェロバックス5」です。
実はラムにゃんが接種したワクチンもこれだったので、いささか不安になってしまいました。
上記のワクチンに含まれる「アジュバンド」という成分が問題のようです。
この成分により免疫力の向上が促進され、引き替えに炎症反応も高まるというものらしく、アメリカでは3年おきの接種を推奨しているとか。
しかもこの薬で副作用を起こしてる子が多いとは知らなかったです。
またこのワクチンに限ったことではないと思いますが、同じところに注射を打ち続けると腫瘍になりやすいので、できれば毎回変える事…思ってもみなかったです。

「動物用医薬品の副作用情報」(農林水産省/動物医薬品検査所)
http://www.nval.go.jp/fuku2/hukusayo.htm

フードのリコールにしても薬にしても、もう人任せではダメなのですね。
難しい問題です。

病院へ向かうみーちゃん。
d0110506_22351935.jpg

d0110506_22363212.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
[PR]
by MikanLamune | 2007-03-23 16:32 |